初めてのご利用の方へ

わぴあは、埼玉県和光市「初」となる PPP/PFI(公民連携)事業で誕生した和光市広沢エリアにある複合施設です。和光市駅の駅南口から徒歩12分に位置し、和光市役所に隣接しています。地域のにぎわいを創出する、和光市の新たなシンボルとなる施設を目指しており、地元の和光市民の方たちを中心に、広域の皆様に利用いただいています。

本ホームページをご覧いただいて、当該施設を利用するきっかけになっていただければと考えています。

ホームページの利用方法

本ホームページでは、多くの情報をご覧いただくことができます。はじめて利用される方へ、お探しの情報を調べる方法をご紹介します。

施設一覧から調べる

「施設一覧」より利用したい施設を探すことができます。

お問い合わせ先

和光市広沢複合施設「わぴあ」

〒351-0106 埼玉県和光市広沢1番5-54号

電話番号    : 048-424-8033
受付時間    : 10時00分~17時00分(平日のみ)
Email         : info@wapia.jp

広沢エリアの歴史

昭和15年

大正6年旧版地図『125000 旧版地図志木』国土地理院
大正6年から昭和15年まで農用地、昭和16年から陸軍予科士官学校として利用されており、周辺は宿舎、馬小屋、馬の運動場、馬洗い場でした。(出典:『125000 旧版地図志木』 国土地理院)

昭和20年

昭和22年撮影空中写真 出典:『航空写真』国土地理院
終戦を迎えた昭和20年8月に陸軍予科士官学校は閉鎖され、同年9月に連合軍が接収し、アメリカ占領軍基地(キャンプ朝霞)となり、農用地、大手建設会社の作業場(飯場)、パン工場として利用されていました。隣接地(東側)はゴーカート場でした。(出典:『航空写真』 国土地理院)

昭和52年

昭和54年撮影空中写真 出典:『航空写真』 国土地理院
昭和52年11月に米軍から返還され、パン工場等は撤去されました。(出典:『航空写真』 国土地理院)

昭和59年

平成25年撮影空中写真 出典:『航空写真』 国土地理院
昭和59年5月から総合児童センター、プール、広沢学童クラブ、広場、駐車場等として利用されてきましたが、平成24年12月施設設備の老朽化によりプールを休館しました。(出典:『航空写真』 国土地理院)

令和元年

令和元年10月旧総合児童センター
令和元年10月に総合児童センターを休館しました。

令和3年

和光市広沢複合施設(わぴあ)航空写真
令和3年12月に和光市広沢複合施設(わぴあ)がオープンしました。